ハゲの遺伝子母親から遺伝する

ハゲは遺伝によって影響が出るといわれていますが、その遺伝というのは母親の遺伝子から伝わるといわれています。

ハゲの遺伝子については、薄毛になる人とならない人の違いとしては、X染色体にあるアンドロゲンの受容体の変異に影響があると報告されており、
この遺伝子の活動の違いこそが薄毛遺伝子である可能性が高いものであるという研究結果があります。

染色体にはX染色体とY染色体が薄毛遺伝子はX染色体にあることから、Y染色体をもっている父親から遺伝する事は男性ではありません。
男性の場合にはX染色体を受け継ぐ母親から遺伝することになります。

ですので、はげる原因となる遺伝子は、母親の遺伝子によって決まるというわけであります。
また、母親が剥げていないとしても隔世遺伝というものがあり、祖父が剥げているようなケースの場合には
髪の毛が薄くなるということがあり得ますので、色々な世代の遺伝をしっかりと把握しておく必要があります。

女性用育毛剤